なるほど 「保険って必要ですか?」

今日のなるほどは…

「保険って必要ですかー?」

という疑問を解決します!!



※読み終わるまでの目安は7分です。


  1. 保険はいる?いらない?
  2. 保険を「勧める」人ではなく、「紹介」してくれる人
  3. 最大の保険は「貯蓄」
  4. まとめ

それではどうぞ♪( ´▽`)

1.保険はいる?いらない?

初めて保険に入る人によくいらっしゃいます。

「保険って入った方がいいんですよね?」

い、いやぁ…。。😅って感じです。





でも、この悩みをお持ちの方、結構多いのでは?

社会人になったから、結婚したから、子どもできたから、いろんな理由で保険に加入されますが、

どうして、社会人になったら保険に入るんですか?

どうして、結婚したら、子どもできたら保険に入るんですか?

その、「動機」と「保険に入るという行動」が結びつかないと、結果的に後々やめちゃうんですよね。

しっかり、「どうして保険が必要か?」という点を考えることがとっても大切です。





では、「保険は必要かどうか」ですが、結論は「YES」だし、「NO」でもあります。笑

保険ってたくさんあるんですよね。

必ず入っておいた方がいい保険もあれば、正直いらない保険もあります。

人それぞれ、必要性は違ってくるというわけです。

例えば、

自動車などお持ちの方は、自動車保険は「YES」でしょうか。

任意保険と言われますが、必ず入っておきましょう。車を運転する人の最低限のマナーです。加入しないで運転しないでください。

でも、入っておいた方がいい保険はそれくらいでしょうかね。

病院で入院した時の治療費が心配だから、医療保険…ほとんど「NO」です。

医療保険はみなさん選ばれていきますが、ほとんど不要だと思っています。

※根拠は別で投稿します。

つまり、人それぞれ、必要性は違ってくるというわけです。

ですから、冒頭の

い、いやぁ…。。😅

というのは、呆れているとかではなくて、

「私に答えはないですよー!」ということです。





2.保険を「勧める」人ではなく、「紹介」してくれる人

「私に答えはない」というのが根拠も含めて、あるべきスタンスのはずですが…

保険を勧めてくれる人に同じ質問をしたら、

「保険は入っておいた方がいいですよ」と大抵の人は教えてくれます。

そこから、モヤモヤしたまま、商品を勧められ、とりあえず入っておこう…。

そういう流れになっていきます。

これではダメですよねえ。





話は少し逸れますが、保険は昔からあるサブスクリプションのようなものです。

「観たい海外ドラマがあるから動画サービスに月額で加入する」

「面白い、便利なアプリがあるから月額料金を支払って加入する」

「スマホがないと、生活が不便だから、月額料金を支払って加入する」





「〇〇だから、月額料金を支払って加入する」

という「動機」が保険だとすっかり抜け落ちちゃいます。

それもそのはず、保険はその「動機」が、薄くて、実感がない場合がほとんどです。

例えば、

病気で入院したら、万が一亡くなってしまったら、お家が燃えちゃったら、誰かを怪我させてしまったら…

面白くもないし、嬉しいものでもないし、普段考えないことだし、お金払って使ってる実感もない

そんな保険だから、しっかり考えなきゃならないんですね。

保険はどう考えていいかわからないと言うのは

保険が「使える」のは月額料金を払っていたあなたが「とっても困っている(=お金に困っている)」時に初めて使えるからです。

その「とっても困っている」状況を一緒に考えてくれる人に保険を相談してください。

一緒に考えてくれるというのは、家族構成や収入、貯蓄状況等を共有した上で、情報提供してくれる人ということです。

そして、一緒に考えてくれた上で、その解決策の一つとして保険を「紹介」してくれる人が素敵です。

保険しかない!というスタンスの人は論外です。

なぜなら…(3に続きます。)





3.最大の保険は「貯蓄」

いままでの内容を簡単にまとめますと

保険にはどうして加入しておくかというと、「起こる確率は高くないけど、もし起こってしまったとしても困らないようにするため」

という具合でしょうか。

では、少し不謹慎かも知れませんが、想像してみてください。





もし、あなたが亡くなってしまったらどうなりますか?





読んでいただいてるそれぞれの立場によって違うと思います。

*死亡保障の考え方は後日別記事で投稿します。





ただ、どの立場の方にも言えることは、

「お金がかかる」ということ。

人が亡くなってしまうとその時点で相応のお金がかかります。

葬式代や墓、交通費、食事代、税金、ローンの残債…

そして、亡くなった後の自分の面倒を見てくれるのは、自分以外の親族である可能性が高いということ。

そこで、上の費用を賄うために選択肢が2つあります。





一つは、保険。

万が一の死亡保障に月額の保険料を支払い、保険金として親族に遺し、補填してもらうという考え。

もう一つは、貯蓄です。

既にある貯蓄のうち、「○○○万円は自分が死んだとき用」として取っておく。ということです。





ここでとても大事なのは

「既にある貯蓄」ということです。

仮に、

Aさんは貯蓄が10億円あり、500万円は葬式代関係の費用として手をつけずに残しておくという、「保険には入らず貯蓄で備える」という選択をしました。

Bさんは妻と子どもがいる家庭で、これから子どもの進学なども控えていてお金がかかるころです。葬式代関係の費用として500万円をこれから貯金して備えようと思うとのことで「保険には入らず貯蓄で備える」という選択をしました。

AさんもBさんも貯蓄で備えることを選択したのですが、事情が違うのは分かりますよね?

Bさんの選択は、もし万が一があったとき、その時点で500万円貯まってなかったら、家族が困るということ。

仮に500万円貯まっていたとしても、そのお金を葬式代などに使ったあと、家族はお金に困らないか?





もう少し分かりやすくすると

Aさん、Bさんが、今日明日のうちに万が一があると、困るのはBさんだということ。

よく、「保険はいらない!ムダ!」と、FPという人たちが言ってますけど、鵜呑みにしないでくださいね。

あくまでも、保険はいらないという選択ができるのはAさんのような方ですよ。

今回は死亡保険を例に取りました。





すべての保険の考え方は

①もしもが起こったとき、誰がどのくらいお金に困るのか

②そしてかかりそうな費用は果たしてどれくらいになりそうか

③それを、いまある貯蓄で備えておくのか、保険で準備するのか

このフローで考えてみてください!

すると、死亡保障は必要そうでも、案外、医療保険は要らなそうですよ…?笑

*別で詳しく解説します





4.まとめ

ここまで読んでくださってありがとうございます。

ちょっとボリュームが多くなりすぎましたが、大切な考え方の一つですので知っておいて損はないと思います。

さて、

「保険って必要ですかー?」の質問

何気ない素朴な疑問のように見えて、核心をついた鋭い質問のようにも聞こえますが、私だったらこう答えます。

「貯蓄で賄える部分も相当あるけど、ほとんどの人は入っておいた方が、自分も大切な人も困らずに済むよ。」





保険選びは商品よりも、考え方なのかもしれないですねぇ。(^^;)





ご意見ご感想をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。